ブログトップ

とことこと

nikimayu.exblog.jp

宮沢賢治の世界へ

昨年の盛岡に続き、
今回は宮沢賢治さんの故郷である
花巻へ行ってきました。

最初に見えた飛行機からの景色は、
田園風景がまるでパッチワークのように美しくて、
平地にたくさんある林は、今まで見たことのある
日本の田舎風景とは少し違って、おとぎ話の世界に
入り込んだような不思議な気持ちになりました。

花巻は、土地も人も温かくて
今の時期は3月4月5月のお花が
入り交じって咲くようなんです。
お家のお庭は彩りに溢れていました。

森の中では、木も風も川も虫も鳥も動物も石や岩まで…
みんながしゃべっているようで…
全てのものが生きている感じがしました!

私は宮沢賢治さんの作品を全て読み理解している
わけではありませんが、彼の作品を読んだ時に
感じる感覚や作品の生まれた背景を、花巻の土地にふれ、
宮沢賢治記念館で彼の多様な活動と思想や生涯を知る
ことで、前より少しだけわかったような気がしました。

でも、深すぎて深すぎて…

時間が足りず見きれなかったので、
またもう一度訪れたいと思います(^v^)
d0162248_15425655.jpg
大きく息を吸うと、土や葉っぱのにおいが身体いっぱいに広がります。
d0162248_154569.jpg
大きな蟻??かなぁ〜記念館へ続く階段をえっちらおっちら上っていました。
d0162248_15465973.jpg
山猫軒の入り口では他にもおもしろい表情の猫たちがお出迎えしてくれます。
d0162248_15532240.jpg
イーハトーブ館へ向かう途中の広場にはお話にそったモザイク画がありました。木漏れ日にてらされて幻想的です。http://mayuniki.tumblr.com/
[PR]
# by coneco_neco | 2016-05-25 16:11 | 日々のこと

絵本講座を受けてみて

実は2月から絵本講座を受講しています。

自分の物語は何を伝え書きたいのかが、
書いてる途中からぼやっとしてしまって…
結局いつもぐるぐる同じ所を回ってしまうんです。

講座でやった、描いたり、作ったり、化けたり!?
みんなと共有しながら自分を知ることは、
不思議と物語のカケラが見え隠れするものなんですね。

一人では味わえない感覚です…

私はいつも仕事につなげてしまい、
求められる表現を物差しに「自分らしさ」と言う枠を
自分で決めていたんだなぁって思います。
それで余計に縮こまっちゃってた。

仕事は仕事のおもしろさと学びがあるけれど、
それとは別に、ただ作りたいものを作ることも
今は楽しんでいます♪

今講座で向き合っている6画面の絵本は、
まさしくただ作りたいコト。
みんなからいただいたアイデアを自分なりに消化して
表現できたらいいなぁ…(^o^)
d0162248_2257388.jpg
http://mayuniki.tumblr.com/
[PR]
# by coneco_neco | 2016-05-16 23:22 | 日々のこと

光と影

絵を描くときに現れる光と影は、人の中にもある。

それはどちらも大事なもので、

「光」があるから暗闇に染まらずにいられるし、
「影」があるから、その「光」のありがたさに
気づくことができる。

そのバランスは人それぞれで
きっと毎日変化してる。

完璧ではないから
人というのは愛おしいものだ。

人の中にある光の部分と影の部分をみて
色んなことを学びます。

「ひねくれてる」時は、きっと私の中の「影」が多い時。

そんな不完全な自分を楽しんでる。

生きてるからこそ味わえること。

人生とは実におもしろいものです◯
d0162248_22124138.jpg
http://mayuniki.tumblr.com/
[PR]
# by coneco_neco | 2016-05-10 22:23 | 日々のこと

私にとって描くことって…

「ことば」というのは難しいものだ。

昔からそう。

自分の想いや考えを「ことば」で
表現することが苦手で、いつも後になって

「ああ言えばよかった」
「なんでこう言えなかったんだろう」

と思うことがたくさんあった。

昔よりはましだけど、
やっぱり「ことば」で伝えることは今でも苦手。

でも、それでもいいんだと思う。
そのことを苦手と感じていたからこそ、
内の中に溢れた想いが今、絵で表現できるのだ。

私にとって描くことは「ことば」と一緒なんだなぁと
絵に向き合いながら感じました。
d0162248_112236.jpg
http://mayuniki.tumblr.com/
[PR]
# by coneco_neco | 2016-05-09 11:10 | 日々のこと

『0さいだもん だいすき』歌のページ

学研さんから出版されている
『1さいだもん だいすき』につづき、
0さいだもん だいすき』の「いっぴきの のねずみ」
という歌のイラストも担当させていただきました。

今回もそれぞれのページで色んな作家さんが担当されている
のですが、そこに小さい頃から大好きだった黒井健さんも担当
されていたんです!

黒井健さんが挿絵をかかれた「ごんぎつね」は、
当時の小学校の教科書にのっていて、6年生の時の
卒業記念制作で、私たちのクラスはこの「ごんぎつね」の
ワンシーンをモザイク制作したんです。
ちなみに、私はその下絵を担当しました(^v^)

そんな個人的に思い入れの深い作家さんと
同じ本の中でご一緒できた事がとっても嬉しいです♪
d0162248_15481194.jpg
d0162248_15482086.jpg

[PR]
# by coneco_neco | 2016-04-30 15:49 | お知らせ