ブログトップ

とことこと

nikimayu.exblog.jp

光と影

絵を描くときに現れる光と影は、人の中にもある。

それはどちらも大事なもので、

「光」があるから暗闇に染まらずにいられるし、
「影」があるから、その「光」のありがたさに
気づくことができる。

そのバランスは人それぞれで
きっと毎日変化してる。

完璧ではないから
人というのは愛おしいものだ。

人の中にある光の部分と影の部分をみて
色んなことを学びます。

「ひねくれてる」時は、きっと私の中の「影」が多い時。

そんな不完全な自分を楽しんでる。

生きてるからこそ味わえること。

人生とは実におもしろいものです◯
d0162248_22124138.jpg
http://mayuniki.tumblr.com/
[PR]
by coneco_neco | 2016-05-10 22:23 | 日々のこと
<< 絵本講座を受けてみて 私にとって描くことって… >>